BPOとは「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」の略称であり、自社で行っている業務プロセスを、外部の企業に委託をして代わりに作業をしてもらうことをいいます。人材派遣と同じように考えてしまう方も多いかもしれません。しかし、経理や人事といった専門的な業務を丸ごと委託することになるため、業務方針から採用に至るまで、一貫して任せることが可能です。ここでは、BPOで「企業がどのようなメリットがあるのか」について、ご紹介いたします。


BPO導入のメリット


BPOサービスを利用することで、次のようなメリットを受けることができます。

・経営資源の有効活用

間接業務は、直接利益に通じる部門でないため、あまり多くの人材を投入したくないという経営者は非常に多い傾向です。これらの部門を外部委託することで、社内の経営資源をより重要な事業に集中させることができます。

・社外ノウハウの活用

業務の改善を行うには、さまざまなノウハウが必要です。専門の外部企業であれば、すでに蓄積されたノウハウを使って効率の良い業務改善を行ってくれます。

・強固な経営基盤の構築

莫大な予算を投入しても、そのマーケティングによって売り上げが向上しなければ意味がありません。「低いコストで高いマーケティング効果を得る」といった投資効率を上げる必要があります。

・コスト削減

その業務を専門としているスペシャリストが対応をするので、業務効率化によるコスト削減が実現できます。また、人件費やシステム費などの固定費を変動費化することができるので、柔軟な対応ができるようになるでしょう。

このような、企業にとって非常に大きなメリットがあることから、BPOに対する需要もかなり高まっているのです。


拡大するBPOの市場規模


国内におけるBPOサービスの市場規模は、増加の一途をたどっています。IDC Japanが発表した国内BPOサービスに関する調査結果〔※1、※2〕によると、2016年には前年比4.9%増の7,017億円、2017年には同4.7%増の7,346億円に達しました。2017~2022年にかけての年間率は多少の鈍化は見られるものの、年間平均成長率で3.6%、2022年には市場規模が8,769億円に達するとみられています。

BPOサービスは、コスト意識の高まりを背景に今後も高い市場成長率が維持されていくと予想されています。これによって、BPOサービス業者も増加していくことでしょう。BPOサービスの導入を検討する際には、自社に合ったBPO先選びが重要になります。選定の際には、次のポイントを押さえていきましょう。

・コスト

BPO業者によって、委託にかかる費用は大きく変わるため、必ず複数業者に相見積もりを取るようにしましょう。

・専門性や実績

依頼するのであれば、よりノウハウと実績がある企業に依頼をしたほうがいいです。実際のBPO実績や効果を確認してください。

・企業の規模

企業規模が大きいと複数のBPOサービスを提供していることが多い傾向にあります。複数の業者に依頼するよりも、まとめて依頼したほうがよいことがあるので、将来的にBPOを拡大する場合は企業規模もチェックしておきましょう。

・セキュリティ

企業の重要なデータを取り扱うことから、セキュリティを整えることは必須です。BPO業者のセキュリティポリシーなどは必ずチェックしてください。

〔※1〕出典元:日経XTECH
〔※2〕出典元:ITmedia エンタープライズ



BPOのクオリティや導入効果を高めるには



BPOをただの業務の外注に終わらせてしまうのはもったいないものです。導入効果を最大限に高めるためにも、次のポイントを押さえるようにしましょう。

・BPO導入目的を明確にする

BPOを導入検討する際には、初期の段階からどのような目的で導入するのかを明確にしておかないと、適切な業者選択ができなくなります。

・導入範囲を見極める

自社の経営陣が、どこまで業務プロセスをBPO業者に委託するのかをしっかりと見極める必要があります。

・セキュリティに対する意識の確認

近年では情報セキュリティに対する意識がどれくらいあるのかは大きな注目ポイントとなっています。ISMS認証やプライバシーマークなどの指標があるのかどうかを確認しましょう。

・BPO業者との共同管理体制

BPO業者にすべて任せるものの、BPO管理体制については、企業とBPO業者が共同となって、方針の決定や取り組みを行っていく必要があります。

・コスト削減にとらわれない

コスト削減はもちろん重要ではあるものの、コスト削減にとらわれずに、企業利益を得ることができる効果の創出を共に検討していく必要があります。


おわりに

BPOは、人材派遣よりもさらに大きな枠組みで、企業の位置業務プロセスをすべて任せるサービスのことをいいます。社外の専門的なノウハウの獲得や、コスト削減を実現しながらスキルを手に入れられたり、制度変更やグローバル化などの対応力が身についたりするという点はメリットです。

事実、市場規模は拡大しており、今後もさらに拡大すると予測されています。BPOサービスの利用を検討する際は、単純に外部委託と考えずに、企業を次のステップへと成長させるためにも、ここでご紹介したポイントと押さえながらBPOを検討してみてはいかがでしょうか。



※コネクシオではモバイル端末管理業務において、様々なサポートをさせていただいており、 各企業様のフェーズに合わせたご提案もさせていただいておりますので、気になることがございましたら ご相談を頂ければと思います。