1. HOME
  2. ブログ
  3. Microsoft 365とOffice 365の違いとは?機能や活用シーンを紹介!

Microsoft 365とOffice 365の違いとは?機能や活用シーンを紹介!

公開日

更新日

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Microsoft 365とOffice 365の違いとは?機能や活用シーンを紹介!

Microsoft365は、Microsoftの様々なアプリケーションがセットになった、サブスクリプション型のクラウドサービスです。使い勝手の良さはもちろん、その高いセキュリティレベルから、テレワーク環境下でも評価されています。

本記事では、Microsoft365とは何か、機能や価格、Office365との違いを解説します。

Microsoft365とは? 柔軟な働き方を実現



Microsoft365とは、Office 365・WindowsOS・Enterprise Mobility + Securit(EMS)を組み合わせた統合型ソリューションです。

Office系アプリを常に最新状態で使用できるサブスクリプション型サービスとして有名ですが、実はグループウェアとしての活用も可能です。

近年、テレワークやモバイルワークなど多様な働き方を認める企業が増加しています。しかし、社員ごとに使用OSやソフトウェアのバージョンが異なるなど、統一した環境を持たせにくい点がテレワーク導入の壁となっていることも事実です。

Microsoft365は、業務環境の統一・利便性の向上に貢献します。下記でOffice365との違いに触れながら、Microsoft365の機能を解説します。

Microsoft365とOffice365の違い。機能・価格・ターゲット

microsoft365_3.jpg


ここでは、Microsoft365とOffice365の違いを解説します。

よくMicrosoft365とOffice365は別のツールと認識されますが、両者は現在同一のサービスとして展開されています。

※2020年4月よりOffice 365 の名称が Microsoft 365 になりました

一方で、サービス内容やプラン・機能などはOffice365と異なるため、混同している方も多いでしょう。ここでは従来のOffice365と、現在提供されているMicrosoft365の違い、変更点についてご紹介します。

機能の違い

Microsoft365には、Office365における全ての機能が搭載されています。

代表的な機能として、下記が挙げられます。

  • Office Application(Outlook・Word・Excel・PowerPointなど)
  • Exchange Online
  • SharePoint Online
  • OneDrive for Business(ストレージ)
  • Groupware
  • EMS(Enterprise Mobility+Security)
  • Microsoft Teams


Microsoft365はチームやプロジェクトの業務効率化に貢献する機能が多く、コミュニケーション活性化にも役立ちます。

価格の違い

Office365がMicrosoft365に統合され、現在はMicrosoft365のいちプランとして提供されています。統合に伴い、Office365のプランは下記の内容に名称が変更されています。

Office 365 Business Essentials → Microsoft 365 Business Basic

Office 365 Business Premium → Microsoft 365 Business Standard

Office 365 BusinessとOffice 365 ProPlus → Microsoft 365 Apps


サブスクリプションの料金に変更はありませんが、大企業向けや教育機関、政府機関向けのプランは改名されずに「Office」のままですので注意しましょう。またOffice 365 のサブスクリプションの多くは自動的に Microsoft 365 のサブスクリプションに変更されているため、すでにOffice365を導入されている方は、プラン名称のみ変更となっています。

ターゲット

Microsoft365は、下記のような課題を持つ企業をターゲットとしています。

  • サポート期限が切れたOfficeを使っていてセキュリティが心配
  • 同時作業をしながらパフォーマンスを上げたい
  • マルチデバイス対応のツールを探している
  • リアルタイムコミュニケーションをしたい
  • IT管理の専任者がいない


一方、Office365は下記のような課題を持つ企業をターゲットとしていました。

  • メールやファイル共有をクラウド上で利用したい
  • Officeのサポート終了のため切り替え先のツールを検討している
  • 便利なグループウェアを使いたい


Microsoft365では、より多彩な機能でテレワーク環境下でも安心した業務を実現します。

Microsoft365の代表機能を紹介!

Microsoft365の代表機能を紹介


前述したMicrosoft365の機能について、より詳しく解説します。

Office Application

Office Applicationは、代表的なOfficeアプリケーションが全て搭載されています。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • OneNote
  • Publisher


バージョンは常に最新状態に保たれるため、互換性を気にする必要もありません。

ストレージ:OneDrive for Business

Microsoft365向けの安全なクラウドストレージサービス「OneDrive for Business」が搭載されています。ファイルの共有・オフラインでの編集・オンラインでの同期などに活用できるでしょう。

プライベート用のOneDriveと異なり、1TBの大容量であることも特徴です。

Groupware

Groupwareには、下記のグループウェア機能も搭載されています。

  • Microsoft Teams
  • SharePoint
  • Exchange


チームメンバー間での情報共有やシームレスかつリアルタイムな報告・連絡・相談を実現し、働く時間・場所による情報格差の発生を防ぎます。

セキュリティ対策:EMS(Enterprise Mobility+Security)

Microsoftが提供するセキュリティ対策ソリューション「EMS」も搭載されています。サイバー攻撃に対する防御・ビジネスデータの保護・デバイスの管理などに役立つでしょう。

また、テレワークなど直接的な監視が難しい場合でも、遠隔でセキュリティレベルを一定に保てます。

Microsoft365ができること、メリット

Microsoft365ができること、メリット


ここからは、Microsoft365を導入するメリットを紹介します。

自社課題と照らし合わせながら、導入後のイメージを固めていきましょう。

マルチデバイス対応!1ライセンスで最大15台

Microsoft365は、パソコン・スマートフォン・タブレットなどのマルチデバイスに対応しています。

1ライセンスで最大15台のデバイスにつなげられるうえ、デバイスの種類を選ぶ必要がないため、15人での使用はもちろん、複数のデバイスを使うことの多い経営層・管理職などの使用に適しています。

低コストで常に最新バージョンを使用

Microsoft365を購入すればソフトウェアを一括購入する必要がなく、低コストで運用できます。常に最新バージョンに更新されるため、サポート期限切れによるセキュリティ不安もなく、都度更新のニュースをキャッチする手間もかかりません。

作業環境の整備をMicrosoft365に任せることで、コア業務に集中する時間を生み出すことができます。

マルウェア対策も万全、安心のセキュリティ!

Microsoft365は、ウイルスやマルウェア対策も万全です。Exchange Online Protection(EOP)が搭載されているため、マルウェアはもちろんスパムなど電子メールの脅威もシャットアウトしてくれます。

設定画面で細かくセキュリティレベルを設定でき、使い勝手のよさとセキュリティリスクのバランスの調整が可能です。

Microsoft365の代表プラン

Microsoft365の代表プラン


Microsoft365のプランは、下記の3つに分かれています。

  • Microsoft 365 Business Basic:650円/月
  • Microsoft 365 Apps for business:900円/月
  • Microsoft 365 Business Standard:1,360円/月


ここからは、それぞれのプランでできることや違いを解説します。

Microsoft 365 Business Basic:650円/月

Microsoft 365 Business Basicは、1ユーザーあたり月額650円で利用できます。

搭載されている機能は、下記の通りです。

  • OneDrive for Business(ストレージ)
  • Microsoft Teams
  • SharePoint Online
  • Exchange Online
  • Office Application(Outlook・Word・Excel・PowerPointなど)


ただし、Office ApplicationはWeb版限定のため注意しましょう。

Microsoft 365 Apps for business:900円/月

Microsoft 365 Apps for businessは、1ユーザーあたり月額900円で利用できます。

搭載されている機能は、下記の通りです。

  • OneDrive for Business(ストレージ)
  • Office Application(Outlook・Word・Excel・PowerPointなど)


ビジネスシーンではまず間違いなく使用するOffice Applicationに焦点を絞った、コンパクトなプランです。

Microsoft 365 Business Standard:1,360円/月

Microsoft 365 Business Standardは、1ユーザーあたり月額1,360円で利用できます。

搭載されている機能は、下記の通りです。

  • OneDrive for Business(ストレージ)
  • Microsoft Teams
  • SharePoint Online
  • Exchange Online
  • Office Application(Outlook・Word・Excel・PowerPointなど)


機能は「Microsoft 365 Business Basic」と同様ですが、「Microsoft 365 Business Standard」ではOffice Applicationの制限がありません。チャットツール・オンラインミーティングツールとの連携や、社内ドキュメントの保管・情報共有もしやすく、グループウェアとしての活用に最適です。

ハイブリッドワークに欠かせないMicrosoft365

Microsoft365は、Office365を包括するサービスです。高いセキュリティレベルと豊富な機能があり、ハイブリッドワークの実現に欠かせないツールとなるでしょう。

プランは、企業ごとの課題や希望する機能によって異なるため検討が必要です。Microsoft365の導入支援をおこなっているコネクシオなら、プラン選びもご相談いただけます。

自社のニーズに合わせたプランを選定し、パフォーマンスの向上を狙っていきましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

  • Mobile WorkPlaceとは

    新しい働き方を実現!ビジネスを加速させる 「Mobile WorkPlace」

    新しい働き方を実現!ビジネスを加速させる 「Mobile WorkPlace」

    • Salestech
    • 営業支援
  • MAツール導入後2ヶ月目までに終えるべき”4つの準備”とは

    MAツール導入後2ヶ月目までに終えるべき”4つの準備”

    MAツール導入後2ヶ月目までに終えるべき”4つの準備”

    • 働き方改革ブログ
    • テレワーク
    • Salestech
    • テレワーク
    • 営業支援
    • アフターコロナ
    • Salesforce
  • Salesforce Guide Book(セールスフォース ガイドブック)

    Salesforce Guide Book(セールスフォース ガイドブック)

    Salesforce Guide Book(セールスフォース ガイドブック)

    • 働き方改革ブログ
    • モバイル運用
    • テレワーク
    • 営業支援
    • アフターコロナ
    • Salesforce
お役立ち資料をもっと見る

新着記事

目次

Contact

各種お問い合わせ

メール

製品に関する
お問い合わせ