1. HOME
  2. ブログ
  3. モバイル導入による経営課題の解決方法

モバイル導入による経営課題の解決方法

公開日

更新日

MDM
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モバイル導入による経営課題の解決方法

モバイル導入による経営課題の解決方法

数ある経営課題の解決方法のひとつとして、モバイル導入が注目を浴びています。
営業管理や業務プロセス効率化など、スマートフォンやタブレット端末を利用したアプリケーションなど業務効率向上を目的としたサービスが数多くリリースされています。
その結果として近年、ノートパソコンの出荷台数は徐々に減少傾向にあり、
今後のモバイル端末市場においてスマートフォンやタブレット活用が中心になることは明らかな状況といえるでしょう。その高い機能や持ち運びやすさをノートパソコンと比べると、コストパフォーマンスの高さではるかに優れています。



ビジネスの現場にスマートフォンやタブレットを導入している企業も増加中です。
まだ導入していない企業の経営者でもモバイル導入を検討している方は多いでしょう。
ここでは、モバイル導入によりどのような経営課題が解決できるかについて解説していきます。

モバイル導入により解決できる経営課題

モバイル導入で解決が期待できる経営課題としては、以下のようなものがあります。


(1)効率的なコストの削減
企業においてコストの削減というのは重要な経営課題のひとつですが、モバイル導入により効率的にコストを削減することが可能となります。

例えば、モバイルワークの増加によりオフィスの空席を削減することで企業のオフィスコストを削減できます。また、社員がオフィスにいる時間を削減することで、照明やエアコンを使用する時間が減少し、オフィスの電力消費量を大幅に削減できます。さらには必要書類以外のペーパーレス化により紙への出力、配布・整理・廃棄のコスト削減にもつながります。


(2)企業の生産性の向上
モバイル端末のメリットはコンパクトで軽いため、どこへでも持ち運べてネットに接続できることです。従来はオフィスのパソコンを使用しなければできなかった業務が、外出先でも可能になり業務効率が向上につながっています。

社員のメールの確認や送受信、ネットを使った情報収集、資料作成、事務処理などの業務をスマートデバイスを通じて時と場所を選ばずにできるようになったのです。

ただし、モバイル端末を無駄なく有効活用するためには、どのようなアプリケーションを使用するかが重要となってきます。企業によっては、モバイル端末から社内にあるパソコンを遠隔操作するアプリを利用しているところもあります。外出先からでも社内のパソコンやファイルサーバに保存してあるデータにアクセスできれば、業務を迅速かつ効率的に行うことが可能です。

データを取りにオフィスに行くこともなくなるので、そのための移動時間も大幅に節約できます。


(3)事業の継続性の確保
企業が事業を継続的に行うことは重要な経営課題のひとつであり、このことは東日本大震災をきっかけにクローズアップされてきました。

たとえ災害が発生したとしても在宅やオフィス外で業務ができる環境を整備することで、事業の継続性の確保が期待できます。業務効率化はもちろんのこと、遠隔地での業務進行や情報共有、管理者の業務管理など、モバイル導入を実施しているからこそ可能な環境を用意できます。

モバイル導入に際して注意すべきこと

モバイルを導入することで経営課題を解決できる一方で、注意すべきこともあります。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を企業が利用する場合、セキュリティ上のリスクがあり、このリスクは以下の3つに分類されます。


(1)情報漏えいのリスク
スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末はコンパクトで持ち運びがしやすい反面、紛失や盗難にあう危険性が高いのです。もしモバイル端末に重要な社内データなどが保存されている場合には、重大な損害が発生するリスクがあります。


(2)モバイル端末からの不正アクセス
モバイル端末でアプリを利用するようになると、頻繁にインターネットへの接続やダウンロードが行われるようになります。そのため、モバイル端末用にセキュリティポリシーをあらかじめ設定しておかなければ、他者から簡単に企業システム内に不正にアクセスされてしまうリスクがあるのです。
また、たとえポリシーを設定していたとしても、社員が理解していなければ意味がありません。


(3)マルウェアのリスク
スマートフォンをターゲットしたマルウェアのリスクが年々高まっています。
マルウェアとは不正かつ有害な動作を行わせる目的で作成されたソフトウェアやコードのことで、Android OSをターゲットとしたマルウェアの数が増えています。端末を起動できなくしたり、端末の乗っ取りや個人情報の入手を目的とした悪質なものも出てきています。
スマートフォンをターゲットしたマルウェアのリスクはパソコンと同じレベルになってきたといっていいでしょう。

今回はモバイル導入により解決できる経営課題とその導入に際して注意すべきことを説明してきました。企業経営という観点からモバイル導入を行うことは不可欠なことではありますが、その一方でセキュリティ上のリスクもあるのです。このことを認識した上でモバイル導入の環境を構築されていくことをおすすめします。

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

  • Mobile WorkPlaceとは

    新しい働き方を実現!ビジネスを加速させる 「Mobile WorkPlace」

    新しい働き方を実現!ビジネスを加速させる 「Mobile WorkPlace」

    • Salestech
    • 営業支援
  • MAツール導入後2ヶ月目までに終えるべき”4つの準備”とは

    MAツール導入後2ヶ月目までに終えるべき”4つの準備”

    MAツール導入後2ヶ月目までに終えるべき”4つの準備”

    • 働き方改革ブログ
    • テレワーク
    • Salestech
    • テレワーク
    • 営業支援
    • アフターコロナ
    • Salesforce
  • Salesforce Guide Book(セールスフォース ガイドブック)

    Salesforce Guide Book(セールスフォース ガイドブック)

    Salesforce Guide Book(セールスフォース ガイドブック)

    • 働き方改革ブログ
    • モバイル運用
    • テレワーク
    • 営業支援
    • アフターコロナ
    • Salesforce
お役立ち資料をもっと見る

新着記事

目次

Contact

各種お問い合わせ

メール

製品に関する
お問い合わせ