1. HOME
  2. ブログ
  3. モランボンのDX戦略を訊いた!インタビュー記事公開

モランボンのDX戦略を訊いた!インタビュー記事公開

公開日

更新日

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「受注から出荷まで」業務プロセスのデジタライゼーションを支援するユーザックシステム株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:石井 伸郎)は、デジタライゼーションからの成長戦略を進めるモランボン株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役社長:全 峰碩(ジョンポンソ))のインタビュー記事を公開しました。

ユーザックシステム株式会社はパッケージソフトウェア「名人シリーズ」でモランボン株式会社(以下、モランボン)のEDI受注業務のオープン化に加え、業務の自動化を支援しています。昨今のDX推進機運が高まる中、プロジェクトの進め方の参考になる事例をご覧ください。

取り組みの経緯「30年近くも使い続けたEDIシステム」


prtimes_060102.jpg
モランボン株式会社 経営戦略室 室長 姜 永福 氏

「メインフレームで稼働していたEDIシステムは追加開発を繰り返しながら30年近く使い続けていたもので、プログラムは継ぎはぎ状態でブラックボックス化し、運用も属人化していました。」とプロジェクトオーナーであるモランボンの経営戦略室長の姜(カン)氏は語ります。課題は抱えつつも、なんとか使い続けていたシステムですが、今から11年前の東日本大震災における計画停電がリプレイスの決定打となり、オープン化プロジェクトが動き出しました。

一日4万明細の処理を止めることなく、EDIシステムの刷新を果たす

オープンシステム化に当たっては、複数ベンダーのEDIシステムから候補を選んで比較検討し、開発・運用がスムーズとの判断でユーザックシステムの「EOS名人.NET」が採用されました。
特に、開発時に重宝したマッピング機能は、EOS名人.NETの特長の一つであります。

prtimes_060103.jpg
EOS名人.NETのマッピングツール

移行プロジェクトは国内各エリアにわけて、段階的に進めました。全拠点での新EDIシステムサービスインに4年。その後、働き方改革やBCP(事業継続計画)の観点から業務の効率化・自動化に着手し、ユーザックシステムのRRA「Autoジョブ名人」を活用いただいています。

デジタライゼーションからDX推進へ、意欲

DXという言葉がまだ浸透していない2011年から、レガシーシステムの刷新と業務の自動化に取り組み続けていたモランボンの業務プロセス改革は、多くの企業がDX推進の必要性に迫られている中、非常に参考になります。「DXとはデジタル化をしたその先で新しい価値を生み出すことにある」の言葉でモランボンのインタビューは締めくくられています。

prtimes_060101.jpgDX推進に意欲を燃やすモランボン株式会社


出典元:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000012889.html
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

  • Mobile WorkPlaceとは

    新しい働き方を実現!ビジネスを加速させる 「Mobile WorkPlace」

    新しい働き方を実現!ビジネスを加速させる 「Mobile WorkPlace」

    • Salestech
    • 営業支援
  • MAツール導入後2ヶ月目までに終えるべき”4つの準備”とは

    MAツール導入後2ヶ月目までに終えるべき”4つの準備”

    MAツール導入後2ヶ月目までに終えるべき”4つの準備”

    • 働き方改革ブログ
    • テレワーク
    • Salestech
    • テレワーク
    • 営業支援
    • アフターコロナ
    • Salesforce
  • Salesforce Guide Book(セールスフォース ガイドブック)

    Salesforce Guide Book(セールスフォース ガイドブック)

    Salesforce Guide Book(セールスフォース ガイドブック)

    • 働き方改革ブログ
    • モバイル運用
    • テレワーク
    • 営業支援
    • アフターコロナ
    • Salesforce
お役立ち資料をもっと見る

新着記事

目次

Contact

各種お問い合わせ

メール

製品に関する
お問い合わせ